きれいな目元と微笑む女性
目がきれいな女性

ケアプロストはまつ毛を濃くする効果のある育毛剤のルミガンのジェネリック医薬品になります。ケアプロストの有効成分は先発薬であるルミガン動揺に、ビマトプロストです。製造しているのは、インドのサン・ファーマ社、ジェネリック医薬品を主に製造販売している製薬会社です。ジェネリック医薬品には、二つの意味合いを持っています。まず開発製造販売が開始されてから特許期間が経過したので、公開されている特許銃砲に基づいて別の製薬会社は製造販売するというものです。もう一つは先進国の高い薬価では購入できない国などが先進国の規制外の状況を利用して、同一成分の薬を製造販売するというものです。いずれにしても、新薬候補の選定などの膨大な創薬費用が不要なので、薬価をかなり抑えることが出来るので、エンドユーザーにしてみれば、リーズナブルな価格で購入できることを意味します。

しかし値段の安さに対するニーズは非常にたかいものがあり、なかにはジェネリック医薬品を名乗りながらまったく別の成分が含まれるなどの偽物が流通してしまうのも事実です。悪質な業者では先発薬の名前を騙りながら何の有効性もない成分を含んだシロモノを販売していたり、人体に有害な成分を配合しているなどといった極端な事例も存在しています。このような悪徳業者の暗躍がしてきされているのは、ケアプロストに置いても同様で、偽物をつかまされる可能性は、残念ながら存在しています。それでは偽物を掴まないために、何か対策を着けることは出来るのか。

まず入手先の問題があります。海外の医薬品の販売業者を利用するときには、本当に信頼できるのかを確かめることです。創設間もないようなサイトや、トラブル発生時の相談窓口などがあいまいな事業者の場合は顧客対応に問題を抱えている可能性があります。粗悪品や偽物を大量に売りさばいて、そのまま行方不明になる悪徳業者の可能性も否定できないでしょう。販売実績があり、日本語対応可能でプライバシー・ポリシーなども確認できれば、かなり安全度が高いといえます。

お店選びで条件をクリアできても、値段設定に無理がないのかを確認します。極端に値段がやすかったり、有効成分が公開されている薬のスペックと異なっているときは注意が必要です。例えば正規品に比べて有効成分が2倍以上含まれているなどの形で有効性を喧伝している場合は、偽物と疑ってしかるべきです。目の周辺に使用するものなので、品定めは慎重に望むことは必須です。